オレンジスクール

言葉、コミュニケーションスキル、創造力、多角的な側面からのアプローチで、お子さまが楽しみながら「できた!」を実感できるよう支援します。

2021-06-11

迷路でたのしく☆いろいろな力を身に付けよう!

 

こんにちは!オレンジスクールピコ東戸塚教室です。

さて、今回は<迷路>についてお話したいと思います。

 

 

オレンジスクールピコ東戸塚教室では、プリントを使った学習支援を行っているのですが、その中でも迷路のプリントを用意することが多くあります。

迷路はお子さま向けのドリルやワークにもよく登場していますよね。

 

でも、なぜ迷路のプリントをする必要があるのでしょうか?

今回は、迷路をすることでどんなメリットがあるのかお話したいと思います。

 

 

迷路の効果とは?

迷路をすることで得られる効果はたくさんあります!

たとえば…

 

・集中力

・判断力

・運筆力

・忍耐力

・推測力

 

などなどです。

 

迷路は皆さん楽しんで取り組んでくれることが多く、「迷路大好き!」と嬉しそうにお話してくれるお子さまもたくさん見てきました。

例にあげたような能力を、お子さまが楽しみながら身に付けられるのはとってもいいことですよね^^

 

 

では、ここからはそれぞれの能力がどのようにして身に付いていくのか、どのように取り組むことで効果が得られるのかをお話したいと思います。

 

運筆力を養う

そもそも運筆力とは、クレヨンや鉛筆を自由に動かせる能力のことを言います。つまり、迷路のように線を引くことが運筆練習になるのです。そして運筆力が育つことにより、文字や数字を書くための基礎の力を身に付けることが出来ます。

運筆力を養うために、写真のような線をなぞるプリントなども用意しているのですが、「書く」ということ自体に抵抗があるお子さまはなかなかやる気になれません。

しかし、迷路なら進んで取り組んでくれるお子さまも多くいらっしゃいます。そういったお子さまは運筆の練習として迷路に取り組み、迷路がきっかけで書くことを少しでも好きになってもらえたらいいなと思います☆

推測力や判断力が身に付く

迷路は先を見て、どこに向かって進めばいいのか考えながら線を引く必要がありますよね。こういった推測力を身に付けておくと、学習での応用問題でも役立っていきます。

また、自分が選んだ道へ進むことでどうなるか考えることは、あらゆる社会生活の中で状況を先読みして考え行動することと似ています。

先読みする力や考える力を身に付けることは学習面と生活面のいずれにおいても大切です。

また、迷路をする際にはなるべくお子さまご自身で進む道を考えてもらうようにしています。

小さなことですが、ご自身で進む道を選択することにより、判断力が少しずつ育まれていけばいいなと思います♪

 

忍耐力を身に付ける

迷路を最後まで諦めずに取り組むことで忍耐力が身に付きます。

先ほどはお子さま自身に進む道を選択するようにしているとお話しましたが、選択を間違えてしまうこともありますよね。そこで諦めてしまわないよう、大人がフォローすることで「最後までできた!」という経験を積んでもらうことも大切にしています。

行き止まりに進んでしまっても「そっちじゃないよ!」のように否定するのではなく「あれ~?進めないね~今度こっち進んでみようか」のようにお子さまが前向きになれるような声掛けをするよう意識しています。

 

何かを最後まで諦めずに成し遂げることは、今後の学習やスポーツなどにおいても大切な力となります。また、最後まで忍耐強く頑張ったことで得られる達成感や喜びを知ることで、自信もついてきますよね^^

 

まとめ

これからもお子さまが様々なスキルを身に付けていけるよう、楽しみながらサポートしていきます!

ぜひご家庭でも迷路を取り入れてみてくださいね^^

 

************************

児童発達支援 オレンジスクールピコ 東戸塚教室

【TEL】045-823-5655

【MAIL】pico-higashitotsuka@orangeschool.jp

【WEB】https://pico.orangeschool.jp

【問い合わせ】:https://orangeschool.jp/contact/

************************

戸塚区(品濃町・戸塚・保土ヶ谷)東品濃・川上北・品濃・平戸・境木・川上・名瀬・平戸台・秋葉

「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。