オレンジスクール

言葉、コミュニケーションスキル、創造力、多角的な側面からのアプローチで、お子さまが楽しみながら「できた!」を実感できるよう支援します。

2020-05-23

ひらがなの学習~書き編~

こんにちは!オレンジスクールピコ溝ノ口教室です。

前回に引き続き、ひらがなの学習についてご紹介します!今回は「ひらがなの学習~書き~」です!

 

書くための準備をしよう!

 

まず、ひらがなの書きの練習をするにあたって必要な力の一つが「運筆力」です。

 

「運筆」とは、自由に文字を書く力のことで、「運筆力」が弱いと、安定した字を書くことができません。

 

 

そのため文字を書く前は、必ず運筆力の強化をしていくことが良いでしょう。

 

ピコでは、運筆力の強化として

 

①線なぞり

 

 

 

 

 

②ぬりえ

 

 

 

 

③指先の巧緻性

小さな積み木を重ねたり、型はめやひも通しなどを通して、指先の巧緻性強化

などの教材を準備して、実施しています。

 

 

 

<鉛筆の持ち方の確認>

まだ上手に持てず、力を入れることに難しさを感じている場合は補助をします。

 

 

 

などが効果的です!

 

 

実際に練習してみよう!

 

書きの練習は、簡単なひらがな(一筆のもの)や自分の名前から練習をしていくと、お子さまも無理なく始めることができます。

 

 

手順

①上記画像のようなひらがなカードを見せ、書き順の確認をします。

②ひらがなカードを指でなぞり、指先の感覚から文字の形をインプットしていきます。

③実際に鉛筆を使ってなぞり書きを行います。

④最後に見本を見ながらマス目ノートに書いていきます。

①~④の工程を何度か繰り返し行うことで、

自然と文字の形を覚えて、書くことができるようになるのです。

 

 

 

なぞり書きの練習の際は、書店やネットにも様々なワークが出ていますが、なるべく太いフォントのものを選んであげたり、

興味の持てそうな色やイラストの物を選んであげると良いでしょう!

 

 

 

 

 

見比べてみると、思いのほか太さが異なることが分かります。

フォントが違うだけで、お子様によっては、ハードルが下がり取り組みやすくなります!

 

 

穴埋めで練習!

文字を書けるようになったら、

物の名前などの穴埋めにチャレンジしていきます。

 

ひらがなは一度やっただけで書けるようになるものではないので、最初は上手に書けなくて当然です!

 

 

挑戦したこと、書こうとする意欲をほめてあげてください!

 

今回はひらがなの学習~書き~についてご紹介しました。

 

 

 

オレンジスクールピコではお子さまの発達段階や、認知特性に合わせた支援をご提案させていただきます。

 

 

お子さまのご様子で気になることがございましたら、いつでもお気軽にオレンジスクールピコにお問い合わせください^^

 

 

************************

 

児童発達支援 オレンジスクールピコ 溝ノ口教室

 

【TEL】044-822-2221

 

【MAIL】pico-mizonokuchi@orangeschool.jp

 

【問い合わせ】児童発達支援 オレンジスクールピコ溝ノ口教室

 

【アクセス】田園都市線「溝の口」駅 徒歩9分

 

JR南武線「武蔵溝ノ口」駅 徒歩9分

 

田園都市線「高津」駅 徒歩9分

 

************************

 

高津区(久本・坂戸・末長・北見方・諏訪・溝口・下作延)・宮前区・中原区・多摩区 「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。